思い出せる限り書いてみる


最近なぜかヤングガンガンの漫画に次々ハマっていく…。犬神ゲル目当てで立読みしてたんだけど、ゲルが休載でも読んでしまうようになった。まあ、別にそれでかまわんのだが、コンビニにないのが辛い。マイナーなのか?ヤングガンガン。そういやアワーズもコンビニにないなあ…。

そんなこんなで感想いきます。

『ユーベルブラット』 0、1 塩野干支郎次 ヤングガンガンコミックス

初めて買ったマンガ家。表紙の絵に惹かれて衝動買い。アニメっぽいというかゲームっぽいキャラと線が好みです。エルフのような外見で中々可愛らしいくせに、スケベなケインツェルも結構好きです。ショタ属性の方にはたまらんのではないだろうか。私はそういう趣味はないが。でも一回読んだだけじゃ話がさっぱりわからなかった。何度か読み直して、やっとわかった感じ。面白くなるのはこれからだろうと思うので、今後に期待。

『荒川アンダーザブリッジ』 1 中村光 ヤングガンガンコミックス

こういうの、ものすごく好き(笑)。「ピューと吹くジャガー」とか「ギャグマンガ日和」が好きな人なら気に入るんじゃないだろうか。私は思い切りツボにはまりました。特にシスターが大好きです。
でね、でね、これは「ニノ」を仲間由紀恵さんがやると素敵じゃないかなあ(笑)。イメージぴったりだと思うんだが駄目か?リクは…えーと…えーと…えーと…誰でもいいや。

『文芸漫談 笑うブンガク入門』 いとうせいこう・奥泉光 集英社

帯に「漫談スタイルの超ブンガク実践講座」とあったんですがね、漫談スタイルって何?と思いながら読んでみたら…ホントに漫談でした。さすが私の師と仰ぐ方のおひとり、いとうせいこう。奥泉氏は恥ずかしながら良く知りません。見た目はかわいいおじさまという感じですが、中味を読んだらけっこうとんでもない人だということがわかりました。フルートはどうなんだ、フルートは。

パッと見はかなりふざけた本で、中味もやっぱりふざけてるんですが、ちゃんと読めば深いです。…多分。私にはかなり面白かったし、ためになりました。オススメはしません。ただの笑える本だと思うのは大きな間違いです。でも笑えます。私はいとうせいこうがますます好きになりました。この人を師と仰いだのは間違いじゃなかったと確信しました。
[PR]
by sabinuki717 | 2005-09-25 11:48 | 最近読んだ本